ゆらぎ肌ケア(ニキビができるタイプ):ベタつかない乳液やクリームで保湿する

ゆらぎ肌のケアでは、ベタつかない乳液やクリームを使って保湿することがポイントです。

余計にベタつきを感じそうだからや毛穴が詰まりそうだからと化粧水のみで保湿を行っていても肌を潤わせることはできず、潤いを肌へと都締めるためには、乳液やクリームを使ってコーティングします。

ゆらぎ肌は、保湿も皮脂ケアも大切です。

しかし、水分不足により余計な皮脂の分泌が促されている場合もあるため、ゆらぎ肌ケアでは保湿重視のスキンケアから始めてみることです。

生理前は、とくに念入りな保湿ケアが必要です。生理前になるとホルモンバランスが崩れやすくなります。

黄体ホルモンが皮脂分泌を増やしてしまい、結果として、肌が脂っこく感じる、ニキビや吹き出物ができるなど肌の調子が崩れやすくなります。

しかし、生理は周期的にくることが多く、基礎体温を測るなどすれば前もって予測することも可能です。

生理周期に合わせて保湿をより念入りに行う、毛穴が詰まらないように角質ケアを心がける、脂っこい物などの食べ物は控えるなどスキンケアと生活習慣を見直しておくことで生理前に起こりやすい肌のゆらぎを最小限に抑えることが可能です。

乳液やクリームは、適量を両手でなじませて温めてから使います。

顔と同じくらいに温めてから使うようにすると浸透しやすくなります。

最後には、手のひらを使って顔全体を包み込むようにハンドプレスを行います。

ひと手間かけることがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です