スキンケアで、乳液と保湿クリームはどちらをつけるのが良いのでしょうか?

乳液と保湿クリームは、どちらも肌を保護したり潤いをキープするために必要なスキンケア用品です。

これらは互いに類似品とされることも多いため、どちらの方がスキンケアに適しているかは難しいところでもあります。

ですがそもそも乳液と保湿クリームには油分の違いが存在するため、それを参考に使い分けるといいでしょう。

まず乳液には、アルコールや精製水などの水溶性成分が多く含まれています。

これにより保湿の効果はもちろんですが、肌を柔らかくする作用も持っているのです。

そのためよく肌が突っ張ってしまう人などは、乳液の方を積極的に使ってみましょう。

対して保湿クリームは、乳液よりも油性成分が多くなっています。

この影響で肌を保護したり保湿する効果が長く続くメリットがありますので、乾燥肌や敏感肌の人に適しているとされています。

スキンケアは自分の肌に合ったやり方をするのが一番効果的ですから、以上のような点を意識して選んでみてください。

ただし単純に保湿だけで考えるのであれば、両方を一度に使用する選択肢もあります。

特に空気が乾燥していつも以上に肌がカサカサになってしまうときには、先に乳液を塗った後に保湿クリームを塗るといいでしょう。

あまりに塗ってしまうと今度はテカテカになりますから、適量を見誤らないようにしてください。

前述のように保湿クリームの方が肌の保護や保湿をする力が高いですので、乳液の上から塗るのが理想的です。

気候や季節を考えて、別で使うのか一緒に使うのか決めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です