スキンケアについてまとめてみた:べたつかない保湿方法

女性の方は毎日スキンケアを行うかと思いますが、保湿のために使っているスキンケア化粧品がべたつくのが嫌だという方も中にはいるでしょう。

べたつく原因としては、化粧品に配合されている油分となります。特に夏場になると皮脂の分泌が多くなり、どうしてもべたつきやすくなってしまいがちです。

皮脂の分泌が多い時期には、油分が少ない化粧水か美容液を使うようにしましょう。

さっぱりとした保湿化粧水が販売されているので、べたつかない商品を探してみるのも良いでしょう。

化粧品がべたつくという声も多く、化粧品メーカーではそういった声に耳を傾け、べたつかない化粧品はいろいろと販売されています。

べたつかないと書かれてある商品を試してみても良いかと思います。

化粧水だけではスキンケアとしては足りないと感じた時には美容液を少し使用してカバーするようにします。

化粧水などと違い、乳液やクリームはべたつきやすいものとなりますが、肌のつけ方を変えるだけでべたつきを抑えるという方法もあります。

方法としては、乳液を小指の爪ほどの量を手に取って、両手で薄く伸ばします。

両手で数秒間顔を包み込み、まんべんなく肌になじませます。

ポイントとしては、手の中で温まることによって乳液が肌に浸透しやすくさせます。

手が冷たい方や、冷え性の方は手を温めてからこちらの方法を行ったほうが良いでしょう。

温め方としては、ぬるま湯に手をつける方法がおすすめとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です