入浴後に意識したいスキンケア法:保湿について

多くの女性がスキンケアを毎日行っています。

きれいなお肌を手に入れるためですが、なんとなく行っている人が多く、その効果を最大限に発揮できていないことがあります。

代表的な例が、入浴後のスキンケアの方法です。

お風呂上りというのは、体を拭いたり、髪の毛をまとめたりと意外と忙しいものです。

パジャマに着替えてから、ゆっくりとケアを始めるという人もいるでしょう。

しかし、入浴後のお肌というのは、とても乾燥しやすい状態です。

濡れたお肌を拭き取った瞬間から、うるおいが蒸発していくからです。

そのため、お風呂上りはできるだけ早くスキンケアを始めなければいけません。

うるおいを閉じ込めるための保湿が一番大切なので、お風呂から出たところに、保湿用の化粧水を用意しておくというのもひとつの手段です。

また、入浴後に体を拭くタオルで、顔もゴシゴシこすってしまうことがあります。

お風呂上りのお肌というのは、とてもデリケートな状態です。ゴシゴシ擦らずに、タオルをやさしく押し当てて水分を吸い取るような気持ちで行いましょう。

化粧水を塗ったら、安心してしまうかもしれませんが、水分だけを与えては、蒸発を止めることはできません。

乳液やクリームなどの油分が入ったケアで、うるおいに蓋をすることが必要になります。

ここまでスキンケアを行うことで、保湿ケアが終わります。

毎日のスキンケアを、できるだけ早く行う習慣をつけることがとても大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です