多汗症の改善の為の治療で永久脱毛も可能?

得に運動しているわけでも暑いわけでも無いのに大量の汗をかいてしまう症状を多汗症といいます。腋下や手、顔などに日常生活に支障が出るくらい汗をかいてしまう症状を持っている人の悩みは深刻です。

腋下の汗を大量にかいてしまうと、服の上からでもワキの部分が濡れていることが分かってしまい、周囲の人に不快感を与える場合もあります。ノースリー部などの服を着たくても、汗が気になって躊躇してしまう場合もあります。

汗を多量にかいてしまうことが要因でワキガの心配に悩んでいる人もいる為、専門的な治療を受けて多汗症の改善を行うことは、腋汗やワキガなどの長年の悩みを解消できる一つの有効な手段になるのです。

多汗症を改善するための治療方法はさまざまなものがありますが、その一つにマイクロレーザー法という治療方法があります。マイクロレーザー法では、レーザーシステムを使用してワキガや多汗症の原因になってしまうアポクリン汗腺とエクリン汗腺にレーザーを直接照射します。レーザーファイバーの先端を毛根部分に挿入してレーザー照射する事で、両方の汗腺をレーザーの熱エネルギーで燃焼させてしまいます。その後燃焼した組織は、吸引機でさらに吸引してしまいます。この方法は局所麻酔で行い、傷跡も目立たないことや入院の必要もないことから美容外科クリニックなどで広く利用されている方法です。

長年の多汗症の悩みが解消される期待ができる事と、レーザー照射によって毛母細胞、毛乳頭を破壊してしまう治療法の為に永久脱毛の効果も期待できます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です