痛風の症状と痛風になる原因とは?

急激な足の付け根の痛みに始まり、数時間すると足の甲まで腫れあがってしまい、少しの風にも反応してしまうほどの猛烈な痛みの症状が現れるのが「痛風」ですが、この症状に悩まされてる患者は全国に大勢います。

痛風発作の原因は「尿酸」です。

尿酸は、人間の体の中に一定量あるのですが、通常は腎臓から作られた量を排出される仕組みになっています。

しかし、尿酸が過剰に作られたり、うまく排泄されなくなってしまうと体内に尿酸が蓄積されることになります。

そうなると余った尿酸は徐々に結晶化してきて、ある日、突然はがれ落ちてしまうのです。

この時、白血球がこのはがれ落ちた物質を異物をみなし排除しようと働きかけることにより、突然の痛みが始まります。

尿酸値を上げる原因にはアルコールの摂取や、肥満、生活習慣の乱れストレスや激しい運動をすることなどによるものです。

痛風の症状の特徴としては「この世で感じる一番の痛み」や「すごい力で締め付けられたような感覚」を感じる人が多く、足の指の付け根以外にもかかとやくるぶし、足の甲やひざといった部位にも痛みを感じることがあります。

痛みのピークは、24時間で猛烈な痛みを抱えながら悶絶して過ごすこととなります。

症状が少し落ち着いたらすぐに病院に行くのがおすすめです。

痛風の予防や改善には生活習慣を整えることが大切いなります。

バランスの良い食生活や適度な運動、良質な睡眠をとるように心がけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です